フレデリック・ヘンリー ロイス(英語表記)Frederick Henry Royce

20世紀西洋人名事典の解説

フレデリック・ヘンリー ロイス
Frederick Henry Royce


1863.3.27 - 1933.4.22
英国の自動車技術者。
ハンチントンシャー・オルワルトン生まれ。
学校を出ると、すぐにグレートノーザン鉄道の技師見習いとなる。のちの1882〜1883年ロンドンの街路電灯で照明する先例のない計画に携わり、リバプールの街灯計画において主任電気技師を務める。1884年電動クレーンや発電機を製造する「F.H.ロイスとマンチェスター機械技師会社」を設立。1904年最初の自動車を作り、’07年ロールスとともに、自動車及び航空発動機工場「ロールス・ロイス社」を設立、取締役兼主任技師となる。チャールズ・ロールスと共同で、一連の有名なロールス・ロイス高性能自動車を生産したイギリス人技術者。’30年准男爵の称号授与、また、勲功章を与えられ、機械技術者協会、航空発動機協会、および電気技術協会の会員にもなる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android