フレデリック サンガー(英語表記)Frederick Sanger

20世紀西洋人名事典の解説

フレデリック サンガー
Frederick Sanger


1918.8.13 -
英国の生化学者。
ケンブリッジ大学分子生物学研究所部長。
グロスターシャー・レンドクーム生まれ。
医者の息子として生れた。1943年リシンの代謝の研究で、ケンブリッジ大学より博士号を取得した。タンパク質の構造研究にジニトロフェニル法を導入し、インシュリンのアミノ酸の配列順序を決め、化学構造を決定した。’61年ケンブリッジ大学分子生物学研究所部長に就任した。’73、’75年核酸のヌクレオチド配列決定法を考案、77ファージøX147の塩基配列を決定した。’58年と’80年にノーベル化学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android