コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーデマン・デ・フリース Hans(Jan) Vredman de Vries

世界大百科事典 第2版の解説

フレーデマン・デ・フリース【Hans(Jan) Vredman de Vries】

1527‐1604ころ
オランダの建築理論家,画家。レーワルデン生れ。透視図法や古典建築技法に関する,精巧な銅版挿図を主とした多くの著作を刊行。オランダを中心に,北欧,イギリス,東欧などのルネサンス建築に大きな影響を与えた。とくに先輩のC.フローリスの手法を通俗化した,奇矯なマニエリスム的な装飾細部がもてはやされた。画家としては,建築を主題とする風景画の確立に貢献したとされるが,作品は少ない。【福田 晴虔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フレーデマン・デ・フリースの関連キーワード尚真王マク氏黎朝崇元寺フリースマールブルクアンデアラーンパラケルススモラレスマーストンアレマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android