透視図法(読み)とうしずほう

デジタル大辞泉の解説

とうし‐ずほう〔‐ヅハフ〕【透視図法】

ある一点を視点とし、物体を人間の目に映るのと同様に遠くを小さく近くを大きく描く画法。透視画法。パースペクティブ。→遠近法
投射図法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうしずほう【透視図法】

製図法の一。透視画法に基づく方法。
地図投影法の一。地球の中心を通る軸に垂直な平面上に、軸上の一点から地表を投影する方法。その視点の位置によって、正射図法・平射図法・心射図法などがある。投射図法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android