コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロス浮選 フロスふせんfroth flotation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロス浮選
フロスふせん
froth flotation

通常行われている浮遊選鉱のことで,多油浮選や皮膜浮選と区別する必要のある場合にこの語を用いる。フロス浮選に適した鉱粒の大きさは 0.01~0.20mm程度である。粒子を懸濁させた水 (パルプ) の中に気体を送り込み,攪拌して多数の気泡を発生させ,疎水性の固体粒子を気泡に接着させた泡沫 (フロス) を回収する。一般には浮選機を利用し能率的な選鉱を行うために,選鉱剤 (浮選剤) を添加して行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android