コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロログルシン phloroglucin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロログルシン
phloroglucin

1,3,5-トリヒドロキシベンゼンに相当する化合物で,その化学式は C6H3(OH)3融点 218℃の白色結晶。水に少し溶け,アルコールエーテルに溶ける。ペントースリグニンなどの検出試薬,ジアゾタイプの発色剤や染料原料に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロログルシン【phloroglucin】

1,3,5‐トリヒドロキシベンゼンにあたる。フロログルシノールphloroglucinolともいう。無色結晶。水から再結晶すると2分子の結晶水を含むが,110℃で無水和物になる。融点218℃(無水和物)。甘味を有する。エーテル,ピリジンによく溶け,アルコールに少し溶けるが,水には溶けにくい。塩化鉄(III)との反応で紫色を呈し,フェーリング液,金塩,銀塩,白金塩溶液などを還元する。アルカリ性水溶液はピロガロールほど速くないが酸素を吸収する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フロログルシンの関連キーワードフラボノイド鎮けい薬

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android