コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロログルシン フロログルシンphloroglucin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロログルシン
phloroglucin

1,3,5-トリヒドロキシベンゼンに相当する化合物で,その化学式は C6H3(OH)3融点 218℃の白色結晶。水に少し溶け,アルコールエーテルに溶ける。ペントースリグニンなどの検出試薬,ジアゾタイプの発色剤や染料原料に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フロログルシン【phloroglucin】

1,3,5‐トリヒドロキシベンゼンにあたる。フロログルシノールphloroglucinolともいう。無色結晶。水から再結晶すると2分子の結晶水を含むが,110℃で無水和物になる。融点218℃(無水和物)。甘味を有する。エーテル,ピリジンによく溶け,アルコールに少し溶けるが,水には溶けにくい。塩化鉄(III)との反応で紫色を呈し,フェーリング液,金塩,銀塩,白金塩溶液などを還元する。アルカリ性水溶液はピロガロールほど速くないが酸素を吸収する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フロログルシンの関連キーワードフラボノイド鎮けい薬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android