コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フンザ Hunza

2件 の用語解説(フンザの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フンザ【Hunza】

パキスタン最北端の山岳地方名。カシミールのうち同国管理地帯にある。カラコルム山脈北西端に属するバトゥーラ山群とヒスパー山群が西と東に走り,その間をフンザ川が流れる。同川の狭長な河谷平野はアンズの産地として知られ,そのほか小麦,桃,リンゴなどを産する。中国との国境には東にクルジェーラブ峠,西にミンタカ峠があり,古くから東トルキスタンインド亜大陸とを結ぶ重要な交通路であった。中国のカシュガルに至るカラコルムハイウェー(1978完成)はクルジェーラブ峠を通っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

フンザ(Hunza)

パキスタン北部、ギルギットバルティスターン州のフンザ渓谷を中心とする地域名。1974年まで藩王が統治したフンザ藩王国を指す。中国とアフガニスタンと国境を接し、カラコルムハイウエー沿いに集落が点在する。中心地はカリマバードイスラム教シーア派の一分派、イスマーイール派が多く居住。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フンザの関連キーワードカシミールカシミール紛争カラチラホール東パキスタンカシミール問題カシミヤワハン回廊パキスタン大地震ミーニョ種 (Minho)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フンザの関連情報