コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーイヤン・クラブ Club des Feuillants

1件 の用語解説(フーイヤン・クラブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フーイヤン・クラブ【Club des Feuillants】

フランス国王ルイ16世の亡命未遂事件(バレンヌ逃亡)の直後,国王廃位の問題をめぐり,1791年7月,主としてジャコバン・クラブから分離したメンバーにより結成されたクラブ。パリのチュイルリー宮殿近くのフーイヤン派修道会(シトー派修道会の流れをくむ)のもと僧院にその本部を置いたのでフーイヤン派とよばれるようになった。その主たる会員には,バルナーブデュポール,ラメト兄弟の〈三頭派〉や,〈89年のクラブ〉より参加したバイイラ・ファイエット,シェイエスらがいて,政治的には立憲君主制と1791年の憲法を維持することを目ざしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フーイヤン・クラブの関連キーワードスペイン継承戦争フィリップフレンチ自由フランスフランソワマリーアントワネットブルボン王朝ルブルック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone