コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーイヤン・クラブ Club des Feuillants

世界大百科事典 第2版の解説

フーイヤン・クラブ【Club des Feuillants】

フランス国王ルイ16世の亡命未遂事件(バレンヌ逃亡)の直後,国王廃位の問題をめぐり,1791年7月,主としてジャコバン・クラブから分離したメンバーにより結成されたクラブ。パリのチュイルリー宮殿近くのフーイヤン派修道会(シトー派修道会の流れをくむ)のもと僧院にその本部を置いたのでフーイヤン派とよばれるようになった。その主たる会員には,バルナーブデュポール,ラメト兄弟の〈三頭派〉や,〈89年のクラブ〉より参加したバイイ,ラ・ファイエット,シェイエスらがいて,政治的には立憲君主制と1791年の憲法を維持することを目ざしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フーイヤン・クラブの関連キーワードラ・ファイエットフランス革命ジロンド派立法議会