コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブサコ国立公園 ブサココクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ブサコ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ブサコ国立公園】

Mata Nacional do Buçaco》ポルトガル中西部にある国立公園。コインブラの北方約30キロメートルに位置し、広大な森林が広がる。17世紀にカルメル会の土地になり修道院が置かれた。20世紀初頭、ポルトガル王マヌエル2世が狩猟目的の離宮を建てたが、完成直後に革命が起きたため使用されず、現在はホテルになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブサコ国立公園の関連キーワードイグアス国立公園ブエノス・アイレスロイマタ首長の領地首長ロイ-マタの地自省録ウァレンチヌス派ストラボンパルテニオスフィロン[アレクサンドリア]

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android