コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 へん

6件 の用語解説(変の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


へん

音楽理論用語。宮,商,角,徴,羽の五音に付して,そのもとの音よりわずかに低い (多くは一律下) ことを示す。変宮,変徴,変商などと用いる。 (えい) に対する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へん【変】

[名]
事態が移り変わること。変化すること。
「不意に風雨の―に出逢うことも」〈鉄腸雪中梅
急に異常な事態の起こること。また、その事態。「承久(じょうきゅう)の」「万一のに備える」
音楽で、本来の音より半音低いことを示す語。フラット。⇔嬰(えい)
[形動][文][ナリ]
普通と違っているさま。ようすがおかしいさま。「な服装」「車の調子がだ」
思いがけないさま。「事件はな方向に発展した」

へん【変〔變〕】[漢字項目]

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かわる かえる
学習漢字]4年
それまでとは別の状態になる。かわる。かえる。「変化変革変形変更変色変身変遷変動一変応変激変神変千変転変豹変(ひょうへん)不変
突然起こる異常な出来事。「変乱異変凶変事変政変大変天変地異
普通でない。「変死変人
音楽で、本位音より半音低い音。「変音・変記号

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

ギリシャ語のエピ(epi)は英語のupon, outerの意味.この語は様々な意味で接頭語として用いられた.(1) ギュンベルは変質として使用した.一般に鉱物組成が変化した岩石の名称に限って使用した[Gümbel : 1888].しかし,変質作用で変化したドレライトdolerite)のような他の岩石と鉱物組成が類似している閃緑岩(diorite)に,接頭語を付けて変閃緑岩(epidiorite)として使ったのは間違いである.(2) グルーベンマンは,変成作用の上部ゾーン(upper zone)の岩石に限って使用した[Grubenmann : 1907].このゾーンは中程度の温度と低い静水圧で優勢な片圧が働く地域であり,岩石は一般に千枚岩,緑泥石片岩滑石片岩ポーフィロイド,一部の大理石や珪岩などがある.関連する語としてmesoおよびkataがある.(3) ラクロアは,深部での鉱物的および化学的な変質作用で完全に元の形状が隠されてしまった火成岩に限定して使用した[Lacroix : 1920, 1933].関連する語としてmataおよびparaがある.

岩石が変成したことを表す接頭語で,火成岩源または堆積岩源の岩石名の前に使用し,その岩石の鉱物,化学組成,構造が変成作用や変質作用で改変されたことを意味する[Van Hise : 1904, Loewinson-Lessing : 1905, Lacroix : 1920, 1933].もとの岩石の構造が認められるような変成岩の場合に使用し,変輝緑岩(meta-diabase)などと用いる.ギリシャ語でmetaは後,の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へん【変】

( 名 )
異常な出来事、社会的な事件が起こること。政変や動乱などが発生すること。また、そのような事件や出来事。 「本能寺の-」
音楽で、音の高さが本来の高さより半音低いこと。 ↔ えい
事態が移り変わること。 「大地においてはことなる-をなさず/平家 12
病状が急変すること。 「 -といふ逃げ道医者はあけておく/柳多留 23
( 形動 ) [文] ナリ 
普通でないさま。怪しいさま。異常。奇妙。 「 -な人」 「彼は近頃どうも-だ」 「気が-になる」
思いがけないさま。 「話は-な方向に発展していった」 → 変に

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【説話画】より

…仏教説話は仏伝,本生,譬喩(ひゆ)説話に大別されるが,それらはインドにおいてストゥーパのレリーフや壁画などに造形され,西域,中国に流伝し,各種の浄土図にも及んだ。これら説話画は,漢訳経典においては〈変〉〈変相〉と称され〈変現〉の意味を有する(変相図)。唐代になると〈変〉は仏教説話に限らず,世俗的題材の説話美術にまで拡大された。…

【仏画】より

…厨子絵に描かれる諸尊の配置は,堂内壁画と密接な関係があり,壁画の伝統性をよく保持し,壁画形式を脱皮しえないまでも,堂内の所要の個所に安置することができるため,厨子絵によって仏画はようやく寺院壁画から離脱して,移動の自由を獲得するにいたった。(3)額絵 仏台や牙台と呼ばれる台上に柱を立てて〈補陀落山浄土変〉や〈薬師浄土変〉の額絵を装着する記載が《西大寺流記資財帳》(宝亀11年(780)奥書)にあり〈障子絵〉と注記され,この額絵形式は古くから存することが知られる。この種の遺品としてはわずかに《吉祥天像》(薬師寺)がある。…

【変相図】より

…本来,単に変,もしくは変相といい,広義の仏教説話を絵画,浮彫,彫塑などで造形化したもの。変とはもともと仏教用語で,サンスクリット語パリナーマpariṇāmaの訳語とされ,〈転変〉のことをいうが,ここではさらに派生した〈変現〉の意味に用いられ,仏教説話や経典の内容,そこに説かれた譬喩,奇跡譚などで視覚的な造形に表現したものを指すようになった。…

【変文】より

…さらに必ずしも特定の経典によらずに,釈迦の本生譚やその他の仏教説話を自在に潤色しながら語り,かつ唱うのもあり,さらには仏教とは関係なく中国の史伝や物語を主題とした講釈も増えてきた。 これら現存の写本には〈変文〉と題するもののほか単に〈変〉と題するものや,〈縁〉〈話〉〈詞文〉〈記〉〈讃〉など種々あるが,〈変〉とは〈維摩変〉や〈浄土変〉のように,仏典に説かれた話を絵にかいたもの(変相)をいい,敦煌の壁画にもその実物があるほか,変文の写本にも絵の付いたのや,〈幷(あわ)せて図一巻〉と題したものや,〈一鋪〉(画幅1枚の意)とか〈画本〉とか題したものがある。つまり語り手は絵の各場面を指し示しながら語り進めたのであった。…

※「変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

変の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変の関連情報