コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブタ丹毒(豚丹毒) ぶたたんどく swine erysipelas

1件 の用語解説(ブタ丹毒(豚丹毒)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたたんどく【ブタ丹毒(豚丹毒) swine erysipelas】

ブタの急性の家畜法定伝染病。一般的には特徴的な菱形の皮膚炎をともなう敗血症,および慢性の非化膿性の関節炎と肉芽性の心内膜炎が示される。ブタ丹毒Erysipelothrix rhusiopathiaeが原因菌であるが,この菌による感染はシチメンチョウをはじめ,人やウシ,ウマにもみられる。菌株の毒力によって感染力に差がある。急性型のものでは潜伏期は1~7日で,高熱,脱力,食欲廃絶,まれに嘔吐することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブタ丹毒(豚丹毒)の関連キーワード牛疫指定伝染病伝染病予防法届出伝染病ブルセラ症法定伝染病家畜伝染病家畜伝染病予防法家畜法定伝染病監視伝染病

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone