コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブタ丹毒(豚丹毒) ぶたたんどくswine erysipelas

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたたんどく【ブタ丹毒(豚丹毒) swine erysipelas】

ブタの急性の家畜法定伝染病。一般的には特徴的な菱形の皮膚炎をともなう敗血症,および慢性の非化膿性の関節炎と肉芽性の心内膜炎が示される。ブタ丹毒Erysipelothrix rhusiopathiaeが原因菌であるが,この菌による感染はシチメンチョウをはじめ,人やウシ,ウマにもみられる。菌株の毒力によって感染力に差がある。急性型のものでは潜伏期は1~7日で,高熱,脱力,食欲廃絶,まれに嘔吐することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone