コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッデンブローク家の人々 ブッデンブロークけのひとびとBuddenbrooks,Verfall einer Familie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッデンブローク家の人々
ブッデンブロークけのひとびと
Buddenbrooks,Verfall einer Familie

ドイツの作家トーマスマンの処女小説。2巻。 1901年刊。副題「ある一家の崩壊」。 19世紀北ドイツのハンザ都市リューベックのブッデンブローク商会の3代にわたる盛衰を描いて,市民性と芸術性の問題を追究した大作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブッデンブロークけのひとびと【ブッデンブローク家の人々】

《原題、〈ドイツ〉Buddenbrooksトマス=マン長編小説。1901年刊行。著者自身の生家をモデルとし、ある商家の4代にわたる歴史とその没落するさまを描く。マンはこれにより1929年にノーベル文学賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブッデンブロークけのひとびと【ブッデンブローク家の人々】

小説。トーマス=マン作。1901年刊。リューベックの穀物商ブッデンブローク家四代の盛衰を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブッデンブローク家の人々の関連キーワードハンザ同盟都市リューベックブッデンブロークハウス楡家の人びと

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android