コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブミプトラ ブミプトラBumiputera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブミプトラ
Bumiputera

マレー語で,土地の子の意味。インドネシアではプリブミ Pribumiという。マレー語を主要言語とするイスラム教徒である,マレー人と総称されるマレー人,ジャワ人,ブギス人,ボヤン人などを中心に,オラン・アスリ (原マレー人) ,ダヤク族,カダサン族など他の少数派の先住民族を含む。現在のマレーシア,インドネシア,シンガポールを形成している地域で,域外のインド亜大陸や中国からの移民であるインド人,中国人と,これらの先住の人々を区別するために用いられる場合が多く,マレーシアとインドネシアでは彼らをインド人や中国人に対して経済的に優遇する政策がとられている。 (→マレー人優先政策 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブミプトラ(〈マレー〉Bumiputra)

《土地の子の意》マレーシア政府によるマレー人優先政策。華僑の経済的優位に対抗し、マレー人の地位向上を目指すもの。ブミプトラ政策

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブミプトラの関連キーワード五・一三暴動マレーシア史マレー[人]ペトロナス新経済政策東南アジアNEP

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブミプトラの関連情報