コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライト ぶらいとGregory Breit

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライト(Gregory Breit)
ぶらいと
Gregory Breit
(1899―1981)

アメリカの物理学者。ニューヨーク、ウィスコンシン、エールの各大学教授を歴任した。1925年、電離層の研究に対しての有力な手段となったパルス変調法をチューブMerle A. Tuve(1901―1982)らとともに考案し、さらに陽イオン加速用の電源として使用するためのテスラ・コイルの開発に取り組んだ。1929年には二電子系の相対論的な波動方程式に近似するブライト方程式を提出した。さらに原子核物理学の研究を進め、1937年複合核の仮想的なエネルギー準位の共鳴を考える共鳴公式をウィグナーと独立に発表した(ブライト‐ウィグナーの公式)。[小林武信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブライトの関連キーワードレーダー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブライトの関連情報