パルス(読み)ぱるす(英語表記)pulse

翻訳|pulse

日本大百科全書(ニッポニカ)「パルス」の解説

パルス
ぱるす
pulse

脈拍や鼓動のように血液の流れや電圧の値などが律動的に変化する現象をいう。パルスは通常、時間の推移に従って物理量が周期的、かつ過渡的に変化することをいうが、時間以外の次元を基準とするパルスも存在するから、その場合には、たとえばスペースパルスというように次元を明白にする必要がある。すべてのパルスに共通な性質は、ある定常な状態(零でなくてもよい)から急速に変化し、有限の期間持続し、もとの状態に急速に復帰するような変化を繰り返すことである。パルスは主として通信装置に使用されている。レーダーやロランのような航法装置に使用されている電波は、電波自体がパルス状を呈しているが、PCM(パルス符号変調)、PSK(フェイズ・シフト・キーイング)では電波は持続しており、これを変調する信号のほうがパルスなのである。コンピュータではパルスはクロックパルス、制御パルスとして、あるいは符号を構成して記憶や演算が遂行される。

石島 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パルス」の解説

パルス
pulse

短時間の間だけに生じる振動現象。代表的なパルス波形には,矩形波 (方形波) ,三角波,半正弦波,ガウス波などがある。エレクトロニクスではパルスを用いたパルス技術が,シンクロスコープ,コンピュータ,通信,各種の計測や制御などに広く用いられている。パルスの発生には普通マルチバイブレータブロッキング発振器などの緩和発振が利用されるが,微分回路やクリップ回路などによる波形操作を行うことによっても得られる。パルスの発生,変換を行う回路をパルス回路という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「パルス」の解説

パルス

継続時間のきわめて短い電流衝撃電流とほぼ同じものだが,一般に波高率(波高値と実効値の比)の大きい波形が多数繰り返される信号電流をさす。モールス信号は矩形(くけい)パルスによる通信だが,最近ではマイクロ波の多重通信に広く利用され,レーダー,コンピューターなどにも応用されている。→符号通信
→関連項目インパルス機械語計算回路計数管電子計数装置

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「パルス」の解説

パルス

〘名〙 (pulse)
① 脈搏のこと。〔舶来語便覧(1912)〕
② 急激に立ち上り、ごく短い継続時間でまた急激に降下するような波形の電圧または電流。一定周期で繰り返される周期性パルスと衝撃性パルスがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「パルス」の解説

パルス【pulse】

短い時間幅の電圧波形をいう。単一の波形の場合には,インパルスともいう。周期的に繰り返される場合は周期パルス列,不規則に繰り返される場合は不規則パルス列という。音声波形などの信号波形に応じてパルスの高さ,すなわち振幅,幅,密度などを変化させることにより,遠方まで信号を伝送することができる。これらの信号の伝送方式をそれぞれパルス振幅変調,パルス幅変調,パルス密度変調などと呼ぶ。【宮川 洋】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のパルスの言及

【脈拍∥脈搏】より

…単に脈ともいう。心臓の拍動によって大動脈起始部に生じた内圧変動による波動が動脈血管壁を伝わったもの。心臓が収縮すると動脈に血液が拍出され,動脈内壁にかかる圧(血圧)が上昇して,動脈の内径は拡大され,心臓の収縮が終わり拡張期に入ると,逆に圧が低下して,動脈内径は縮小する。この動脈の拍動に応じた大動脈の拍動が脈拍である。脈拍はこのような動脈壁の運動状態の表れであるため,血流の運動そのものを表すものではない。…

※「パルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android