コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィグナー Wigner, Eugene Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィグナー
Wigner, Eugene Paul

[生]1902.11.17. ブダペスト
[没]1995.1.1. ニュージャージー,プリンストン
ハンガリー生れのアメリカの理論物理学者。ベルリン工科大学に学び,同大学で教えたのち,1930年アメリカに渡り,プリンストン大学講師,同教授 (1938) 。 36年中性子吸収の理論を打立て原子炉の理論的基礎をおいた。またパリティ保存則分子原子核への群論の応用,固体凝集エネルギーの理論など広範囲にわたる研究を行なった。第2次世界大戦中はシカゴ大学「冶金研究所」で E.フェルミとともに原子炉の開発に従事。 60年原子力平和利用奨励賞,63年ノーベル物理学賞受賞。主著『分散関係とその因果律との結びつき』 Dispersion Relations and Their Connection with Causality (64) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィグナー

米国の理論物理学者。ハンガリー生れ。1930年渡米してプリンストン大学講師となり,1938年教授。研究分野は広く,特に原子,分子,固体,原子核などの量子力学的理論に群論を応用して成功。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウィグナー【Eugene Paul Wigner】

1902~1995) ハンガリー生まれのアメリカの物理学者。核反応の保存量としてパリティーの概念を導入するなど量子物理学の発展に貢献。中性子吸収理論は原子炉建設に応用された。固体の凝集エネルギーの計算に対するウィグナー・ザイツの方法の発見者でもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィグナー
うぃぐなー
Eugene Paul Wigner
(1902―1995)

ハンガリー生まれのアメリカの理論物理学者。ドイツのベルリン工科大学に学び、同大学講師、ゲッティンゲン大学講師を経て、1930年アメリカのプリンストン大学講師に就任。1936年ウィスコンシン大学教授、1937年アメリカに帰化、1938年プリンストン大学の理論物理学教授となった。F・ザイツとともに金属の凝集エネルギーの理論(ウィグナー‐ザイツの方法)を提唱。また量子力学の群論的取扱いによって波動関数の対称性の問題に注目し、その方法によって原子内電子のスペクトル線、原子核の構造、核力の性質などの解明を行った。1963年「原子核および素粒子の理論における対称性の発見と応用」に対してノーベル物理学賞が与えられた。第二次世界大戦中には、シラード、テラーとともにアメリカの原爆製造計画(マンハッタン計画)に参加し、シカゴ冶金(やきん)研究所の理論物理学部門の部長となり、フェルミらとともに原子炉建設に従事した。第二次世界大戦後、オークリッジ原子力研究所副所長、民間会社の顧問などを務めた。[小林武信]
『ウィグナー著、森田正人・森田玲子訳『群論と量子力学』(1971/オンデマンド版・2000・吉岡書店) ▽E・P・ウィグナー著、岩崎洋一他訳『自然法則と不変性』(1974・ダイヤモンド社) ▽岩崎洋一訳「原子核および素粒子の対称性の研究」(ノーベル財団著、中村誠太郎・小沼通二編『ノーベル賞講演 物理学9』所収・1979・講談社) ▽H・A・ベーテ、P・A・M・ディラック、W・ハイゼンベルク、E・P・ウィグナー著、青木薫訳『物理学に生きて――巨人たちの思索の軌跡』(1990・吉岡書店/ちくま学芸文庫) ▽Paul Wigner Collected Works of Eugene Paul Wigner(1992, Springer Verlag, New York)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィグナーの関連キーワードヨルダン(Ernst Pascual Jordan)ブライト(Gregory Breit)ウィグナーの位相空間分布関数エルンスト・P. ヨルダンコールダーホール型原子炉グレゴリー ブライトイサドール シンガーフレデリック ザイツローレンツの共鳴曲線ウィグナー分布ウィグナー効果ウィグナー結晶ワイスコップ10月17日放射線損傷パリティー量子物理学観測の理論超多重項ヨルダン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android