コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラウダー ブラウダー Browder, Earl (Russel)

2件 の用語解説(ブラウダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラウダー
ブラウダー
Browder, Earl (Russel)

[生]1891.5.20. カンザスウィチタ
[没]1973.6.27. ニュージャージープリンストン
アメリカの政治家。 1921年共産党に入党,党中央執行委員,汎太平洋労働組合事務局長を経て,30~44年共産党書記長をつとめた。 36,40年大統領選挙戦に出馬して敗退。アメリカ民主主義的伝統に期待をかけ,また資本主義との協調をはかろうとしたため,46年共産党から除名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラウダー
ぶらうだー
Earl Russel Browder
(1891―1973)

アメリカの共産主義者カンザス州出身。貧困に育ち小学校中退後、ウィチタで計理士をしながら社会党員として活動したが、その穏健な傾向に反発して脱退。第一次世界大戦の徴兵制に反対して入獄。1920年ニューヨーク市で共産党に入党。1921年中央執行委員、プロフィンテルン代表として中国に滞在し、帰国後1930年書記長に選出され、1936年、1940年には同党大統領候補になった。アメリカ民主主義の伝統を高く評価しながら、「共産主義は20世紀のアメリカニズムである」として共産主義の「アメリカ化」を唱えた。そして、ルーズベルト連合を「アメリカ型」の人民戦線であるとして支持し、反ファシズム運動に取り組んだ。第二次世界大戦中、共産党不要論を主張して党を共産主義政治協会に改組した。1945年党が再建されると、解党主義、日和見(ひよりみ)主義と批判され、1946年除名処分を受けた。[河内信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラウダーの関連キーワードカンザスシティーカンザスアンザスANZUS京阪ザ・ストアブラッディ・カンザスアイ・イン・ザ・スカイカンザス[州]カンザシアーカンザス[川]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone