ブラックバード

デジタル大辞泉プラス「ブラックバード」の解説

ブラックバード

イギリスのロック・バンド、ビートルズの曲。10枚目のアルバム「ザ・ビートルズ」(1968年)に収録された、ポール・マッカートニーによるナンバー。闇夜の中、光を目指して飛んでいく黒い鳥の姿を女性の姿に重ね、黒人女性の人権擁護や解放について歌ったものとされる。原題《Blackbird》。

ブラックバード

2005年初演のデヴィッド・ハロワーによる戯曲。原題《Blackbird》。15年ぶりに再会した年齢差のある男女をめぐる密室劇。2007年に第31回ローレンス・オリヴィエ賞(新作演劇賞)を受賞。日本では2009年に栗山民也の演出で初演された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブラックバード」の解説

ブラックバード
ぶらっくばーど
blackbird

鳥綱スズメ目に属する鳥のうち、ヨーロッパではヒタキ科ツグミ亜科のクロウタドリをさし、アメリカではムクドリモドキ科ハゴロモガラス類の雄をさす。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android