コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラワン ブラワンBelawan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラワン
Belawan

インドネシア,スマトラ島北部,スマトラウタラ州にあるメダンの外港。デリ川とブラワン川の河口,ブラワン島にあり,マラッカ海峡にのぞむ。メダンの中心市街地から 19km北方にあり,鉄道と道路が通じる。 1920年代にオランダが建設。スマトラ北部では最大の荷扱い量がある。ゴム,タバコ,コプラ,香辛料,パーム油石油,茶などを輸出。倉庫やゴム原液,パーム油,石油の貯蔵タンクが並ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラワン
ぶらわん
Belawan

インドネシア、スマトラ島北西部の東海岸にある港湾都市。別名ブラワン・デリ。メダンの北約20キロメートルに位置し、マラッカ海峡に臨む。メダンの外港として発展し、久しくデリ川流域のプランテーション地帯への入植者の上陸港であった。現在はタバコ、ゴム、コプラ、コーヒーなど農園産物の積出し港となっている。メダンとは鉄道、国道で結ばれる。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のブラワンの言及

【メダン】より

…人口191万(1996)で,そのうちの1/5を中国系が占め,流通部門で活動している。デリー河口から24km上流にあり,ブラワンBelawanがメダンの外港をなす。標高16m,年平均気温25.2℃,年平均降水量2034mm。…

※「ブラワン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラワンの関連キーワードダヤク

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android