コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランカ湾 ブランカわん Bahía Blanca

2件 の用語解説(ブランカ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランカ湾
ブランカわん
Bahía Blanca

アルゼンチン中部,大西洋岸にある湾。南東に向ってV字形に開口した湾で,湾口部の幅約 50km,奥行は約 70km。湾内にはトリニダードベルメホなどの大小の島がある。湾奥に同国の主要港の一つであるバイアブランカが立地するほか,沿岸にプエルトガルバン,インヘニエロホワイト,プエルトベルグラノなどの港が連なり,湾岸一帯は同国の人口集中地域の一つとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランカ湾
ぶらんかわん
Baha Blanca

南アメリカ、アルゼンチン中部の湾。大西洋に向かって漏斗(ろうと)状に口をあけたエスチュアリー(三角江)で、湾内には土砂の堆積(たいせき)でできた浅瀬や小島が多い。湾奥には、パンパ南部の中心都市バイア・ブランカの外港で、小麦、果実類、石油などの積み出しで重要なインヘネイロ・ホワイトなどの商港、北岸のプンタ・アルタには軍港プエルト・ベルグラノがある。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランカ湾の関連キーワードバイアブランカフォークランド諸島マルデルプラタフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴプエルトイグアスアルゼンチンワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone