コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランシュ Blanche, Jacques-Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランシュ
Blanche, Jacques-Émile

[生]1861.2.1. パリ
[没]1942.10.30. オートイユ
フランスの画家,グラフィック・デザイナー,批評家。ロンドンでイギリス絵画を学び,18世紀のイギリス絵画に 19世紀の印象派 (→印象主義 ) の影響を加えた,装飾的な画風静物画やインテリア・デザインで知られた。またイギリス,フランスの著名な画家や作家を肖像画散文で描写した。代表作は『シェルビーニの肖像』 (1904,ライム美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブランシュの関連キーワードブール(Hermann Buhl)ニュイ・ブランシュKYOTOリュック・アルベール モローフェルナンド ヴァンデレムグラフィック・デザイナーエヴリーヌ ブイックスメール・ド・グラス氷河クリストフ マラヴォワレイモンド ヴァンサンペドロ1世(残虐王)ブランシュヴィックムーラン・ルージュハーマン ブールマールブランシュワリス・アルプス東京都庭園美術館ミシェル セローホワイトボルタ川グレートラビットアルマニャック

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブランシュの関連情報