コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリハッ・ジャータカ Bṛhaj‐jātaka

1件 の用語解説(ブリハッ・ジャータカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブリハッ・ジャータカ【Bṛhaj‐jātaka】

6世紀にバラーハミヒラVarāhamihiraが著したインド占星術書。インドの占いの三大分野の一つ〈ジャータカ〉に属し,現在にいたるまでこの分野で最もよく読まれ,権威あるものとされている。〈ジャータカ〉とは誕生日に関する占いという意味であり,ヘレニズム起源のホロスコープ占星術主として扱う。この分野の文献として最も古いのは《ヤバナ・ジャータカYavana‐jātaka》で2世紀にギリシア語からサンスクリットに翻訳された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のブリハッ・ジャータカの言及

【占星術】より

…ただしインドの占星術では歳差を考慮に入れず,5~6世紀に固定された黄道座標を用い続けているので,インドの十二宮は時代とともに西洋のそれからずれていく。この狭義の占星術において最も権威のある書物はやはりバラーハミヒラの《ブリハッ・ジャータカ》である。〈ジャータカ〉は〈ホーラー〉とほぼ同じで,誕生日の星の位置による占いを意味する。…

【バラーハミヒラ】より

…《ブリハット・サンヒター》は前兆と占い全般について詳細かつ包括的に述べたものであり,一種の百科全書の趣を呈している。《ブリハッ・ジャータカ》はヘレニズム起源のホロスコープ占星術のインド化した形態をみごとにまとめたものである。科学者としては独創性に欠けるが,その教養の広さのゆえにインドに関する大きな情報源となっている。…

※「ブリハッ・ジャータカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリハッ・ジャータカの関連キーワード国腹トレーラーハウス文披月見開き見開くカッラーラ大聖堂身開きラー博ニホンナシ柏原公英

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone