コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルガルス Bulgarus, Pisanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルガルス
Bulgarus, Pisanus

[生]1100頃.ピサ
[没]1167.1.1? ボローニャ
初期註釈学派の代表的法学者。イルネリウスの遺業を大成し,註釈学派の基礎を築いた,いわゆる4博士 (ほかにマルチヌス・ゴシア,フーゴ,ヤコブス) の一人。ボローニャの法学校で教え,ユスチニアヌス帝の『学説彙纂』や『勅法彙纂』に対する注釈その他の著作を通じて後代に大きな影響を与えた。後代の註釈学派の間でブルガルス派とゴシア派すなわちマルチヌス派の対立が生じたが,この対立は,13世紀にブルガルスの系統を継ぐアックルシウスの『標準註釈書』 Glossa Ordinariaによって解消した。神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ1世の最も信頼された法律顧問であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブルガルスの関連キーワードロンカリア立法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android