コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルレ ブルレ Brelet, Gisèle

2件 の用語解説(ブルレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルレ
ブルレ
Brelet, Gisèle

[生]1915.3.6. フォントネルコント
[没]1973.6.21. セーブル
フランス音楽美学者,ピアニストナントパリ音楽院ピアノを学び,音楽を通して哲学に関心をいだきソルボンヌに学んだ。 1951年より『国際音楽叢書』を監修。ピアニストとしては 53年からフランス国立放送を通じて現代作品を演奏。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルレ
ぶるれ
Gisle Jeanne Marie Nomie Brelet
(1915―1973)

フランスの音楽美学者、女流ピアニスト。ナント音楽院でピアノを学び、10歳で一等賞を獲得。引き続きパリ音楽院でピアノを、そして1938~41年パリ大学で哲学を学ぶ。音楽における時間の問題の研究に関心を寄せ、『音楽創造の美学』(1947)で作曲における音楽的時間を論じ、それをさらに『音楽的時間論』(1949)で展開し国家博士号を取得した。この主著においておもにベルクソンとルイ・ラベルの影響を受けつつ、外なる哲学を音楽に適用するのではなく、音楽を音楽そのものによって説明する哲学を提唱し、音楽の全体を音楽的時間においてみいだした。さらに、それを『創造的解釈』(1951)で演奏の場面に展開している。演奏家としては、52年フランス国立放送の独奏ピアニストとなり、とりわけ現代の作曲家の作品の初演を手がけ、その紹介に努めた。[笹川隆司]
『ブルレ著、海老沢敏・笹淵恭子訳『音楽創造の美学』(1969・音楽之友社) ▽海老沢敏著『音楽の思想』(1972・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルレの関連キーワードCIDフォント等幅フォントドットフォントフォントネー修道院固定幅フォントピエルフォンフォントメモリーストロークフォントトリオ・フォントネフォント・セルヴァ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルレの関連情報