ブルーグマン(読み)ぶるーぐまん(英語表記)Karl Brugmann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルーグマン
ぶるーぐまん
Karl Brugmann
(1849―1919)

ドイツの言語学者。1870年代以降ライプツィヒを中心に活躍した青年文法学派の中心的な人物で、ライプツィヒ大学教授(1887~1919)などを歴任した。オストホーフHermann Osthoff(1847―1909)とともに刊行した雑誌『Morphologische Untersuchungen』の創刊号(1878)に掲げた「序文」は、「例外のない音法則」と「類推」を二大原則とする新しい学派の宣言書として有名である。また、インド・ヨーロッパ語学のいまでも重要な雑誌『Indogermanische Forschungen』(1892~ )も彼の創刊になる。インド・ヨーロッパ語の領域で幅広く精力的に研究活動を行い、著書・論文の数400を超す。最大の主著はデルブリュックとともに刊行した『Grundri der vergleichenden Grammatik der indogermanischen Sprachen』の前半の音論と形態論2巻(改版1892~1916)で、この分野の研究の集大成である。[松本克己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android