コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーメン Bloemen, Jan Frans van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーメン
Bloemen, Jan Frans van

[生]1662. アントウェルペン
[没]1748頃
フランドルの画家。イタリアで絵を学び,主としてイタリアで活躍した。ローマでは風景画に特徴ある水平線を描いたことから「オリゾンテ (水平線) 」とも呼ばれた。彼の兄弟のピーテル (1657~1719) とノルベート (1670~1746) も画家。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブルーメンの関連キーワードブルーメンバッハスラウエルホフマストドンゾウ西説医原枢要コーカソイドホメオパシー自然人類学5月11日人種分類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーメンの関連情報