ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群(読み)ブルーナボーニャ ボインけいこくのいせきぐん

世界遺産詳解の解説

ブルーナボーニャ ボインけいこくのいせきぐん【ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群】

1993年に登録されたアイルランドの世界遺産(文化遺産)。2013年に「ボイン渓谷の遺跡群」から名称変更になった。首都ダブリン北西、ボイン川の屈曲部に位置する。新石器時代の3つの大型石室墓と散在する40以上の古墳からなり、土器などが出土している。この遺跡群で最も有名な遺跡は、ニューグレンジ、ノウス、ダウスの3ヵ所にある大型石室墓で、一度も補修されていないにもかかわらず、今でも雨漏りすることがない。ほかに、ドウス・ホール羨道(せんどう)墳群やタウンレイホール羨道墳、モンク・ニュータウン・ヘンジと祭礼の泉などがある。こうした遺跡の稀少価値が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はBrú na Bóinne-Archaeological Ensemble of the Bend of the Boyne

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android