コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブレント Brent, Charles Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブレント
Brent, Charles Henry

[生]1862.4.9. オンタリオニューカッスル
[没]1929.3.27. ローザンヌ
アメリカ聖公会主教。宣教師となり (1887) ,フィリピンのアメリカ聖公会教会の主教 (1901~08) ,ニューヨーク西教区の主教 (18~26) をつとめる。フィリピン滞在中にアヘン売買に反対し,上海のアヘン会議 (09) の議長となった。世界教会運動にも活躍し,晩年には教会の合同を目指す信仰職制運動に専心し,ローザンヌの信仰と職制についての世界協議会 (27) では議長をつとめた。

ブレント
Brent

イギリスイングランド南東部,グレーターロンドンを構成する 33地区の一つ。外部ロンドンに属する区で,ロンドン市(シティ)の西に位置する。1965年にウェンブリーとウィルスデンが合併して成立した。ウェンブリーは住宅地として発展。1948年のロンドン・オリンピック競技大会やサッカーの国際試合で知られるウェンブリー競技場がある。競技場は,2002年に解体されたのち 2007年に新しく 9万人を収容する競技場としてオープンした。ウィルスデンには工業団地があり,ロンドンでも有数の工業地域となっている。ブレント貯水池には多くの渡り鳥が訪れ,船遊びも行なわれる。面積 43km2。人口 27万100(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブレントの言及

【北海油・ガス田群】より

…1970年にはノルウェー海域で最初の北海油田エコフィスクEkofiskが発見され,その後短期間内にノルウェー,イギリス,デンマークの中間線沿いにいくつかの油田が発見された。次いで71年に北緯61゜以北でブレントBrent油田が発見され,この油田地帯がさらに北方まで延長していることが期待されるようになった。 北海南部のイギリス海域では12のガス田が発見されたが,そのうち5ガス田はかなり大きい。…

※「ブレント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブレントの関連キーワードジョン・ウィリアム スティーブンスガウスルジャンドルのアルゴリズムチャールズ・フレデリック クロス北海(North Sea)J.ポール・ゲティ美術館ロンドン国際石油取引所タリーフィッシャー関係ウィルソン バルデスエンジェル・アイズブー ウィークリー非OPEC産油国ゲティ・センターアウターロンドンブレントウッドロンドン特別区マーカー原油ブレント原油イギリス演劇石油先物取引国際石油市場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブレントの関連情報