コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブローホール blowhole

翻訳|blowhole

デジタル大辞泉の解説

ブローホール(blowhole)

溶接金属内のガスによって生じた空洞。溶接部を弱化させ、破砕の原因ともなる。
火山の、溶岩やガスの噴出口。
海岸の岩にあいた小さな穴や亀裂。また、そこに波が入り込んで、海水間欠泉のように勢いよく噴き出す現象。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ブローホール【blowhole】

溶融金属が凝固するとき、その内部に含まれるガスが完全に脱出しきれずに生じた孔。金属の機械的性質が低下する。気孔。巣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブローホールの関連キーワードココヘッド自然公園機械的性質真空鋳造カイアマラワイ空洞溶岩火山鋳造内部ガス気孔破砕

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android