コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーシャルドン Bouchardon, Edme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーシャルドン
Bouchardon, Edme

[生]1698.5.29. ショーモン
[没]1762.7.27. パリ
フランスの彫刻家。 G.クストゥーのもとで修業後,1723年から 10年間ローマに滞在し,古代彫刻を研究。帰国後主としてパリで活動。古典的要素とフランス人特有の繊細な装飾性とを融合し,新古典主義様式を確立代表作はパリのグレネル街にある噴水 (1739~45) 。ルイ 15世の騎馬像も制作したが,フランス革命のときに破壊された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブーシャルドン
ぶーしゃるどん
Edme Bouchardon
(1698―1762)

フランスの彫刻家、メダル制作者。パリでG・クストゥーに学び、ローマ賞を得て1723年ローマに赴く。9年間のローマ滞在ではとくに胸像の制作をよくし、『教皇ベネディクトゥス13世胸像』(1730)、また古代彫刻『眠れるファウヌス』の模作があげられる。帰国後の代表作には、中心となる群像の堅牢(けんろう)な構成がその左右に展開する建築空間をよく律し、それゆえ彼の新古典主義の造形原理への共感がうかがわれるパリのグルネル街の『四季の噴泉』(1739~45)、大理石像『弓をつくるキューピッド』(1750完成)、そして『ルイ15世騎馬像』(フランス革命で破壊)があげられる。45年にアカデミー会員。[上村清雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブーシャルドンの関連キーワードコンコルド広場5月29日サルビ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android