ブーリ(読み)ぶーり

  • 1915―1995
  • Alberto Burri

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリアの画家。初め医者となったが第二次世界大戦中アメリカ軍の捕虜として収容所にいる間に絵を描き始め、帰還してローマに定住してからは画家として再出発した。1951年、カポグロッシらとグループ「オリジネ」を結成。そのころ古い布製の袋を引きちぎって画面に貼(は)ったり、木や金属の断片をあしらうコラージュの作品を盛んに発表して世に知られた。60年代にはプラスチックを熱で処理する手法に変わる。彼の求める美学は、素材の物質性と絵画空間との異次元の接点に生ずる新しいイメージである。

[小川 煕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブーリの言及

【北欧神話】より

…牝牛が塩辛い霜で覆われた石をなめているうちに人間が出てきた。この人間はブーリBúriといい,ボルBorrという息子を得たが,ボルは巨人の娘を娶り,二人の間に3人の男子が生まれる。オーディン,ビリVili,ベーVéがそれで,アース神族は彼らに由来する。…

※「ブーリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブーリの関連情報