コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブールジュの国事詔書 ブールジュのこくじしょうしょPragmatique Sanction de Bourges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブールジュの国事詔書
ブールジュのこくじしょうしょ
Pragmatique Sanction de Bourges

ブールジュ詔勅 (国本勅令) 」とも呼ばれる。 1438年7月7日フランス王シャルル7世が公布した国内教会のあり方に関する法令。ローマ教皇に対する宗教会議の優位,高級聖職者叙任に際しての国王や諸侯の推挙権などを規定し,教皇に対し独立性を強めるフランス国家教会主義 (ガリカニスム) を表明した。公布後論議が絶えず,国王ルイ 11世はこれを撤回した (1461) が,高等法院およびパリ大学はその効力存続を主張した。最終的には「ボローニャの政教協定」 (1516) で廃棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブールジュの国事詔書の関連キーワードラテラノ公会議パウルス2世ガリア主義ボローニャレオ10世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android