コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボローニャの政教協定 ボローニャのせいきょうきょうていConcordat of Bologna

1件 の用語解説(ボローニャの政教協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボローニャの政教協定
ボローニャのせいきょうきょうてい
Concordat of Bologna

ボローニャの政教条約とも呼ばれる。 1516年国王フランソア1世ローマ教皇レオ 10世との間に成立したフランス教会の制度に関する協定。フランス国内の大司教,司教,修道院院長など高級聖職者の任命にあたっては,王が候補者を指名し,教皇が叙階することを定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボローニャの政教協定の関連キーワード財団債権東栄(町)沿岸漁業養殖業平成18年豪雪選手登録FTA・EPAとWTO新大阪石川銀行の増資フェアトレード

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone