コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル7世 シャルルななせいCharles VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルル7世
シャルルななせい
Charles VII

[生]1403.2.22. パリ
[没]1461.7.22. ムアンシュルエブル
フランス王 (在位 1422~61) 。 1417年兄ジャンの死により皇太子となった。 20年トロアの和約によって王位継承権を否認され,イングランド王ヘンリー6世がパリでフランス王として宣布されると,シャルルも同時にポアティエでフランス王を称したが,国土の大部分はイングランドの支配下にあり,威令はロアール川以南の地域に及ぶのみであった。イングランド軍がロアール河岸に進出してオルレアンを包囲したとき,ジャンヌ・ダルクが出現して同市を解放し,ランスにおける戴冠式挙行を可能ならしめた (29) 。これを転機に,ブルゴーニュ派との和解に成功 (35) ,パリに入城した (37) 。次いで,フォルミニーの戦い (50) ,カスティヨンの戦い (53) にイギリス軍を撃破,カレー1市を除く全国土を奪回し,ここに百年戦争は終結した。内政の面では,官僚制の整備,塩その他の専売税の設定,J.クールを起用して商業,手工業の振興にあたらせ,「ブールジュの国事詔書」 (38) によって教皇の権力を限定しガリカニズム (フランス国家教会主義) への道を開き,租税徴収にあたっては次第に三部会の承認を無視するにいたった。また外交面では,アンジュー,プロバンス,ブルゴーニュ,ブルターニュなど国王親族の領有する封土の王領併合などに努力し,フランスの国家的統一を大きく促進した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

シャルル7世

生年月日:1403年2月22日
フランス王(在位1422〜61)
1461年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シャルル7世の関連キーワードフィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)ジェームズ2世[スコットランド王]クール(Jacques Cœur)フーケ(Jean Fouquet)ブールジュ(フランス)フィリップ(善良公)ジャンヌ・ダルクアルマニャック派アゼルリドー城ルイ[11世]ルイ(11世)ジャンヌダルクランス大聖堂アンボアーズアラスの和約シャルティエトロアの和約トロア条約ツーレーヌプラグリー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android