コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プエンテデルインカ プエンテデルインカPuente del Inca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プエンテデルインカ
Puente del Inca

アルゼンチン中部西寄り,メンドサ州北西端部の村。州都メンドサの西約 100km,チリとの国境に近いアンデス山脈中のアコンカグア山南東麓にあり,メンドサ川最上流部にのぞむ。標高 2718m。小さな村であるが,メンドサからチリへ通じるアンデス横断鉄道とパンアメリカン・ハイウェーが通るため,アンデスの最高峰アコンカグア山 (6959m) をはじめとする周辺の高山や谷への登山・観光基地としてにぎわう。国境のウスパヤタ (クンブレ) 峠にあるキリストの彫像を見物に出かける観光客も多い。村名はスペイン語で「インカの橋」の意で,メンドサ川にかかる石灰岩の自然橋に由来。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android