プティト(英語表記)Petitot, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プティト
Petitot, Jean

[生]1607.7.12. ジュネーブ
[没]1691.4.3. ビベイ
スイスのミニアチュール (小型肖像画) 画家。ジュネーブに定住したブルゴーニュの画家一族の一人で,彫刻家フォールの息子。 1633年にパリに行き肖像画を学んだ。 36~41年イングランドのチャールズ1世の宮廷画家として活躍。その後フランスの宮廷画家となり,85年ナントの勅令廃止によって,プロテスタントとして投獄されたが,87年老年と病気のためスイスに帰国を許された。王侯貴族や有名人のミニアチュールを多数描いた。主要作品はロンドンのビクトリア・アンド・アルバート美術館,パリのルーブル美術館などに収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android