コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフィッツナー Pfitzner, Hans (Erich)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プフィッツナー
Pfitzner, Hans (Erich)

[生]1869.5.5. モスクワ
[没]1949.5.22. ザルツブルク
ドイツの作曲家。 I.クノールに学びストラスブールの音楽院,同市の劇場,ベルリン芸術アカデミー,ミュンヘン音楽院などの指揮者,作曲教授などを歴任。 R.シューマン,R.ワーグナーらのロマン派の伝統を基盤に,オペラ,管弦楽曲,カンタータなどを作曲。主作品はオペラ『哀れなハインリヒ』 (1895) ,『パレストリーナ』 (1917) ,カンタータ『ドイツの魂について』 (21) ほか,100曲以上のリート。音楽美学にする『著作集』 Gesammelte Schriften (3巻,26~29) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プフィッツナー

フィッツナー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフィッツナー
ぷふぃっつなー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プフィッツナーの関連キーワードクレンペラー5月5日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android