コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プフィツナー Pfitzner, Hans

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プフィツナー
ぷふぃつなー
Hans Pfitzner
(1869―1949)

ドイツの作曲家。フランクフルトのホーホ音楽院で作曲とピアノを学ぶ。ベルリンのシュテルン音楽院で教鞭(きょうべん)をとった(1897~1907)のち、シュトラスブルクの音楽院長、シンフォニーオーケストラの指揮者、歌劇場監督を務めた。第一次世界大戦後ベルリンとミュンヘンで教育活動と文筆活動を行ったが、ナチス政権下で職を追われ、失意の晩年を送った。彼はシューマン、ブラームス、ワーグナーらのドイツ・ロマン主義を基礎として作品を書き、無調や実験的傾向には批判的だった。代表作は音楽伝説劇『パレストリーナ』(1912~15)、カンタータ『ドイツ精神について』(1921)、バイオリン協奏曲ロ短調(1923)など。自ら編集した著述集も美学上重要である。[寺田由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

プフィツナーの関連キーワードストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団シュトラスブルクプフィッツナー楽劇

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android