プラズマディスプレイ(英語表記)plasma display

翻訳|plasma display

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラズマディスプレイ
plasma display

透明ガラス管内に不活性ガス(→希ガス)と対向電極(→電極)を封入して電極間に電圧を印加し,この際生じる放電による発現象を利用して数字,文字,画像などを表示する装置。オレンジ,グリーンなどの発光色がある。画像表示の場合には,X軸電極と Y軸電極の交点で構成されるマトリックス状(→行列)に配置されたセルの放電の選択組み合わせで表示する。比較的輝度が高く,コントラストもよく,長寿命である。構造が簡単であるため生産性に優れるが,動作電圧が高い。しかし,放電開始のしきい値特性が非常に急であること,メモリ効果があることなどにより,線順次駆動で大画面の表示が可能である。このためノート型コンピュータやポータブル型の各種オフィス・オートメーション機器に利用された。また,紫外線放電を利用したケイ光体の発光方式によるフルカラーも可能なため,テレビジョンに応用された。(→液晶ディスプレイ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラズマディスプレイ

ガス放電の光を利用するディスプレイ。液晶ディスプレイより視野角が広く、応答速度が速い。電力消費量が液晶ディスプレイに比べて多いといわれてきたが、近年、解消されつつある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android