コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラズマ発光法 プラズマはっこうほう

1件 の用語解説(プラズマ発光法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマはっこうほう【プラズマ発光法】

アルゴンやヘリウムといった希ガス元素を気体状態でプラズマ放電させて4000~1万Kの高温媒体を生成し,そのプラズマ中に試料溶液を導入して,原子,イオン,分子の発光強度から試料中の目的元素の定量または定性を行う分析法。アルゴンやヘリウムのプラズマを希ガスプラズマとも呼ぶが,このようなプラズマは直流プラズマ,高周波プラズマ,マイクロ波プラズマとも分類されるように,プラズマの生成・維持には直流電流,高周波(27~50MHz),マイクロ波(2450MHz)が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラズマ発光法の関連キーワードアルゴンイットリウム希ガス不活性ガスヘリウムイーエム一価元素カリウムアルゴン法希ガス元素ツィントル則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone