コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラズマ発光法 プラズマはっこうほう

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマはっこうほう【プラズマ発光法】

アルゴンやヘリウムといった希ガス元素を気体状態でプラズマ放電させて4000~1万Kの高温媒体を生成し,そのプラズマ中に試料溶液を導入して,原子,イオン,分子の発光強度から試料中の目的元素の定量または定性を行う分析法。アルゴンやヘリウムのプラズマを希ガスプラズマとも呼ぶが,このようなプラズマは直流プラズマ,高周波プラズマ,マイクロ波プラズマとも分類されるように,プラズマの生成・維持には直流電流,高周波(27~50MHz),マイクロ波(2450MHz)が用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android