コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子吸光法 げんしきゅうこうほう atomic absorption analysis

1件 の用語解説(原子吸光法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんしきゅうこうほう【原子吸光法 atomic absorption analysis】

原子はそれぞれ固有の波長の光を吸収する性質をもつので,この光吸収現象を利用して元素の定量を行う分析法。光を吸収する原子線は原子の基底状態(最低のエネルギー準位)から励起状態への電子遷移に由来するもので共鳴線resonance lineと呼ばれる。実験的には,化学炎(空気‐アセチレン炎,酸化二窒素‐アセチレン炎など),電気加熱高温炭素炉を用いる2000~3000Kの高温媒体中に溶液試料を導入して原子を生成し,この原子蒸気層に中空陰極ランプ(光源)からの共鳴線に相当する光を照射する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の原子吸光法の言及

【分光分析】より

…また,溶液中に含まれる金属イオンを錯体形成剤と結合させ,有色錯体として分析することもできる。試料物質を高温条件下で原子に解離させ,生成した原子の紫外・可視吸収を観測する分析法は原子吸光法と呼ばれる。この方法は試料中の微量元素,とくに金属元素の定量分析に適している。…

※「原子吸光法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原子吸光法の関連キーワード光ルミネセンス社家神道多時間理論励起光分光蛍光光度計アーバック則エマーソン効果(生化学)吸収指数ビュッデ効果ブリンクス効果