コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラッター プラッター

4件 の用語解説(プラッターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プラッター

ハードディスクを構成する部品のひとつ。ガラスアルミニウム合金に磁性体を塗布した円盤で、1台のハードディスクに複数枚が用意されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プラッター(platter)

《「プラッタ」とも》ハードディスク内にある磁性体を塗布した金属製の円盤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

プラッター【platter】

皿の一種。楕円(だえん)形の大きな盛り皿。レストランでロシアンサービス(料理をワゴンに載せて客に見せてオーダーを取る方式)の際などに用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラッター
プラッター
Platter, Thomas

[生]1499.2.10. ワリス,グレーヘン
[没]1582.1.26. バーゼル
スイスの人文主義者。アルプスの山羊番から身を起し,苦学力行の末,バーゼルでヘブライ語ギリシア語を教えた。かたわら印刷所を経営,カルバンの著作を刊行した。苦しい自己形成の一生を回顧した『自伝』 Selbstbiographie (1576完成) は,宗教改革時代の姿を伝える文化史的に重要な記録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプラッターの言及

【皿】より

…今日,〈皿〉と書く場合はおもに陶磁器を指し,木製品や金属製品に対しては〈盤〉も使われる。英語では大皿をプレートplate,小皿をディッシュdish,大型平皿をプラッターplatter,受皿をソーサーsaucer,灰皿や盆などをトレーtrayと呼んで区別している。 皿の起源は明確ではないが,食器として主要な役割を担うようになるのは比較的新しく,日本では奈良時代以降のことである。…

※「プラッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プラッターの関連キーワード気紛れ交わりグレースワリスフテュナ諸島聖ボリスグレブ教会グレムリン〈2〉/新・種・誕・生ことの終わりひまわりスイカメグレ警視のクリスマス

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラッターの関連情報