コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランクの放射則 プランクのほうしゃそく Planck’s law of radiation

1件 の用語解説(プランクの放射則の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プランクのほうしゃそく【プランクの放射則 Planck’s law of radiation】

一般にはプランクの公式呼ばれることが多い。絶対温度Tの物体と熱平衡にある放射が種々の波長の光をどんな割合で含むかを示す公式。物体を熱していくと鈍い赤色に光り始め,やがて黄色を経て青白く光り,ついに白熱するが,これは温度の上昇とともに短波長の光が多くなるからで,プランクの公式は黒体と呼ばれる理想物体についてこのことをよく表現する。1901年にM.プランクが熱放射の実験をよく再現する式として発表,理論づけの努力のなかでエネルギー量子の仮説に導かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プランクの放射則の関連キーワードオイラーの公式プランニングリッツの結合原理動物プランクトンプランクの放射公式久保の公式シャイナーの公式シュテファン‐ボルツマンの法則ネルンスト‐プランクの定理フィックの公式

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone