プランクの放射則(読み)プランクのほうしゃそく(英語表記)Planck’s law of radiation

世界大百科事典 第2版の解説

プランクのほうしゃそく【プランクの放射則 Planck’s law of radiation】

一般にはプランクの公式と呼ばれることが多い。絶対温度Tの物体と熱平衡にある放射が種々の波長の光をどんな割合で含むかを示す公式。物体を熱していくと鈍い赤色に光り始め,やがて黄色を経て青白く光り,ついに白熱するが,これは温度の上昇とともに短波長の光が多くなるからで,プランクの公式は黒体と呼ばれる理想物体についてこのことをよく表現する。1901年にM.プランクが熱放射の実験をよく再現する式として発表,理論づけの努力のなかでエネルギー量子の仮説に導かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android