プランク長(英語表記)Planck length

法則の辞典の解説

プランク長【Planck length】

量子的揺動時空間の配置より大きくなると考えられる長さで(Gh/2πc31/2.ここでプランク定数*h,万有引力定数 G,真空中の光速 c とする.1.616×10-35 mに等しい.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プランク‐ちょう〔‐チヤウ〕【プランク長】

プランクが提唱したプランク単位系で表される長さの単位。プランク長はプランク定数光速度c、万有引力定数Gで定義され、lp=1.616×10-35m(メートル)となる。プランク質量に対応するシュバルツシルト半径であり、このスケールより小さい領域では、量子重力的な効果を無視できなくなる。プランク長さ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プランク長の関連情報