プランク長(英語表記)Planck length

法則の辞典の解説

プランク長【Planck length】

量子的揺動時空間の配置より大きくなると考えられる長さで(Gh/2πc31/2.ここでプランク定数*h,万有引力定数 G,真空中の光速 c とする.1.616×10-35 mに等しい.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プランク‐ちょう〔‐チヤウ〕【プランク長】

プランクが提唱したプランク単位系で表される長さの単位。プランク長はプランク定数光速度c、万有引力定数Gで定義され、lp=1.616×10-35m(メートル)となる。プランク質量に対応するシュバルツシルト半径であり、このスケールより小さい領域では、量子重力的な効果を無視できなくなる。プランク長さ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プランク長の関連情報