コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プランク定数 プランクていすうPlanck constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プランク定数
プランクていすう
Planck constant

量子論を特徴づける基本的な普遍定数記号h

h=6.6260755×10-34J・s

ℏ=h/2πをディラック定数と呼ぶことがある。h は 1900年 M.プランク黒体放射のスペクトル分布を説明するために導入した。量子現象に特有なエネルギーや角運動量の不連続性は h が 0でない値をもつためであって,h→0の極限で量子力学古典力学へ移行する。(→原子定数

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

プランク定数【プランクていすう】

量子理論で基本的意味をもつ普遍定数で,hで表される。h=6.6260755×10(-/)34ジュール・秒。1900年M.プランクが導入。その次元は,エネルギー×時間,または運動量×長さをもち,作用量の次元と同じであるので,hを作用量子ともいう。
→関連項目光子スピン相補性定数普遍定数量子量子条件量子論

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

法則の辞典の解説

プランク定数【Planck constant】

量子論における基本的定数の一つで,振動数(波数)とエネルギーを換算可能とする.記号は h.2005年現在で最も新しい数値は6.6260755×10-34Jsである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プランクていすう【プランク定数 Planck’s constant】

物理学における普遍定数の一つで,不確定性原理に含まれて量子力学の領域を特徴づける。hで表され,その値は, h=6.626076×10-34J・sである。その次元(エネルギー)×(時間)は,また(運動量)×(長さ)などとも書け,一般に作用の次元と呼ばれるので,hを作用量子ともいう。原子内の電子のエネルギーEは10-17Jの程度で公転時間tは10-16sの程度だから,その積Ethの程度になる。気体分子の運動量pは室温でp~10-24kg・m/sの程度であり,衝突は分子間の距離r~10-10mで起こる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プランクていすう【プランク定数】

量子論を特徴づける基本定数。記号 h  h =6.6261×10-34ジユール・秒。 h を 2 π で割った =1.0546×10-34ジユール・秒もよく使われる。振動数 ν の光子のエネルギーは h ν 、運動量 p の粒子を表す波動関数の波長は h /p など、量子化によって得られる物理量は h を含んでおり、量子力学によって扱われる。 h が無視できる系に対しては古典力学を適用することができる。作用量子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プランク定数
ぷらんくていすう
Planck's constant

量子力学的な現象を特徴づける普遍定数。ドイツの物理学者プランクが熱放射の研究のなかで1900年に発見した。hで表す。その値は現在では
  h=6.62606896×10-34J・s
とされる。hを2πで割ったを用いることも多い。プランクは、光と熱平衡にある荷電振動子(振動数ν)を考え、これは光をエネルギー量子hνずつ放出・吸収するとしたが、その物理的理由は明らかにできなかった。アインシュタインは、νを光の振動数としhνを1個の光量子のエネルギーとしてとらえ(1905)、これが運動量hν/cを担うとした。この考えを物質粒子にまで広げ、粒子と波動の二重性を一般的にエネルギーEと振動数の関係Ehνおよび運動量pと波長λの関係ph/λとしてとらえる端緒をつくったのはフランスのド・ブローイである(1923)。不確定性原理も、この二重性の帰結と考えることができる。量子力学が完成したとき(1926)、これらはすべて次の二つの基本方程式から導かれるものとなった。すなわち、運動量の演算子と座標の演算子の間の正準交換関係
  ih/(2π)
および任意の力学量が時間tとともに変化する方法を定めるハイゼンベルクの運動方程式
  d(t)/dt=(2πi/h)[
から導かれる。は系のエネルギーの演算子である。[江沢 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプランク定数の言及

【量子力学】より

…こうしたψの固有振動は,それぞれ量子力学的粒子のエネルギー確定の運動を表し,それをしている粒子は定常状態にあるといわれる。定常状態のエネルギーはそれぞれの振動数にプランク定数hをかけたhν0,hν1,……であたえられ,系のエネルギー準位とよばれる。たとえば水素原子の電子のエネルギー準位は-13.6eV/n2と書ける(n=1,2,……)。…

※「プランク定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プランク定数の関連キーワードヴェンツェル‐クラマース‐ブリルアン法アインシュタイン‐ド=ブロイの関係式シュテファン=ボルツマン定数デュエイン‐ハントの法則ウィーンの放射法則ボーアの周波数条件振動回転スペクトルプランクの輻射法則ド=ブロイの関係式ジョセフソン効果リッツの結合原理リュードベリ定数プランク単位系エネルギー量子ランデのg因子クリッツィンク量子ホール効果コンプトン波長プランク質量プランク長さ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プランク定数の関連情報