コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラート プラート Prato

2件 の用語解説(プラートの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

プラート(Prato)

イタリア中部、トスカーナ州の都市。フィレンツェの北西約20キロメートルに位置し、ビゼンツィオ川に沿う。12世紀より自治都市となり毛織物工業で発展。その後一時停滞したものの19世紀に再び隆盛し、同国における毛織物の三大産地の一に数えられる。フィリッポ=リッピフレスコ画ドナテロの説教壇で知られるプラート大聖堂、中世の毛織物を所蔵する織物美術館、13世紀に神聖ローマ皇帝フリードリヒ(フェデリコ)2世が建てたインペラトーレ城がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラート
ぷらーと
Prato

イタリア中部、トスカナ州プラート県の県都。人口17万0388(2001国勢調査速報値)。フィレンツェ北西19キロメートル、ビゼンツィオ川右岸に位置する工業都市。主産業である毛織物工業は12世紀に勃興(ぼっこう)し、16世紀に一時停滞したのち、1820年以降ふたたび活発化した。ビエッラ、ビチェンツァと並ぶイタリア毛織物工業の三大中心地の一つ。その特徴として、原料に大量の毛ぼろを利用していることがあげられる。9世紀の村落に起源を有し、12世紀には自治都市となった。ドナテッロの浮彫り「幼児のダンス」やフィリッポ・リッピのフレスコ画などをもつ大聖堂(13~15世紀)がある。1863~1931年にはプラート・イン・トスカナPrato in Toscanaとよばれた。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラートの関連キーワードビアレッジョビンチトスカーナインペラトーレ城サントスピリト教会ストロッツィ宮殿フィエーゾレベルベデーレ要塞ミケランジェロ広場リオ・マリーナ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラートの関連情報