コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリシビン Prishvin, Mikhail Mikhailovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリシビン
Prishvin, Mikhail Mikhailovich

[生]1873.2.4.
[没]1954.1.6. モスクワ
ロシア,ソ連の小説家。ドイツに留学して農学を学び,帰国後は,農業技師,狩猟家としてロシア各地を遍歴,ロシアの自然や動物と人間との交歓を描いた作品が多い。自伝小説『カシチェイの鎖』 Kashcheeva tsep' (1927) が代表作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリシビン
ぷりしびん
Михаил Михайлович Пришвин Mihail Mihaylovich Prishvin
(1873―1954)

ロシアの小説家。ドイツのライプツィヒ大学に留学、農学を学んだ。帰国後、農業技師となる。しばしば訪れた北部ロシアの自然を観察したエッセイ『恐れ知らぬ鳥たちの国で』(1907)で一般に知られるに至ったが、作家としての本格的な活動は革命後で、自伝的長編小説『カシチェイの鎖』(1923~36)によって文名を確立した。自然観察者として、自然との交感による人間の生の喜びを細やかに描く彼の特質は、この作品によく示されている。ほかに『鶴(つる)の国』(1929)、『森のしずく』(1940)、『現代物語』(1957)など。[灰谷慶三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プリシビンの関連キーワードカザコフ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android