コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリシビン プリシビン Prishvin, Mikhail Mikhailovich

2件 の用語解説(プリシビンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリシビン
プリシビン
Prishvin, Mikhail Mikhailovich

[生]1873.2.4.
[没]1954.1.6. モスクワ
ロシア,ソ連の小説家。ドイツに留学して農学を学び,帰国後は,農業技師,狩猟家としてロシア各地を遍歴,ロシアの自然や動物と人間との交歓を描いた作品が多い。自伝小説『カシチェイの鎖』 Kashcheeva tsep' (1927) が代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリシビン
ぷりしびん
Михаил Михайлович Пришвин Mihail Mihaylovich Prishvin
(1873―1954)

ロシアの小説家。ドイツのライプツィヒ大学に留学、農学を学んだ。帰国後、農業技師となる。しばしば訪れた北部ロシアの自然を観察したエッセイ『恐れ知らぬ鳥たちの国で』(1907)で一般に知られるに至ったが、作家としての本格的な活動は革命後で、自伝的長編小説『カシチェイの鎖』(1923~36)によって文名を確立した。自然観察者として、自然との交感による人間の生の喜びを細やかに描く彼の特質は、この作品によく示されている。ほかに『鶴(つる)の国』(1929)、『森のしずく』(1940)、『現代物語』(1957)など。[灰谷慶三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プリシビンの関連キーワード徳川久子階乗偶数エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.2 , 4 , 6 ‐トリニトロ‐N-メチルアニリン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone