コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリスキリアヌス プリスキリアヌスPriscillianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プリスキリアヌス
Priscillianus

[生]340頃
[没]385. トリアー
キリスト教会史上初めて異端のゆえに処刑されたスペインの司教。厳格な生活で知られ,平信徒として 375年頃からあらゆる快楽を放棄する教理をメリダ,コルドバで広め,インスタンチウス,サルビアヌスの2司教を含む秘密結社的組織をつくり上げた。彼らは結婚,ぶどう酒,肉食を断った。教会はこの一派にマニ教との嫌疑をかけたが,プリスキリアヌスはアビラ司教になった。反対勢力はトリアーの僭主マクシムスに働きかけ,プリスキリアヌスは捕えられ,魔法使い,不道徳の理由で処刑された。 388年マクシムスが失脚すると勢力関係は逆転し,スペインではたび重なる排斥にもかかわらずプリスキリアヌス派は存続。 561年のプラガ教会会議による排斥によって組織は消滅したが,その思想はアルビ派キリスト養子説などに残された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プリスキリアヌスの関連キーワードトレド教会会議オロシウストレド会議レオ1世

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android