コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレスナー Helmuth Plessner

世界大百科事典 第2版の解説

プレスナー【Helmuth Plessner】

1892‐1985
ドイツの哲学者。ウィスバーデン生れ。医学,動物学,哲学を学び,1916年エルランゲン大学で哲学博士号を取得。ケルン大学でM.シェーラードリーシュとともに研究に励み(1920‐33),ナチスの政権奪取によりオランダに亡命,42年までフローニンゲン大学で教鞭をとった。第2次大戦後はフローニンゲン大学哲学教授,ゲッティンゲン大学社会学教授などを歴任。ユクスキュルの環境世界論,ディルタイの生の哲学,フッサールの現象学に触発され,人間認識の試みが多様に展開された1920年代に,《感覚の統一》(1923),《有機的なものの諸段階と人間》(1928)を著し,シェーラーと並んで哲学的人間学を基礎づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレスナー
ぷれすなー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プレスナーの関連キーワード9月4日人間学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android