プロジェクトマネージャー(読み)ぷろじぇくとまねーじゃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロジェクトマネージャー

情報処理技術関係の資格のひとつ。情報システムの開発プロジェクト監督進行する能力を持つに認定される資格である。情報システムは年々複雑化し、情報処理技術者もそれに対応して専門化、細分化が進んでいる。そのため、実際にシステムを開発するプロジェクトを立ち上げた場合、多種多様な人材、グループを総括するプロジェクトマネージャーが必要となる。プロジェクトマネージャーの主な業務は(1)システムアナリストが策定した開発計画分析、具体化(2)プロジェクトの運用工期の管理、品質維持(3)プロジェクト終了時の業績評価、分析の3つである。試験は年に1回10月に実施されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

産学連携キーワード辞典の解説

プロジェクトマネージャー

「プロジェクトマネージャー」とはプロジェクト全体に関する総責任者のことを指す。プロジェクトマネージメントを行う立場から、必要な意思決定、及びプロジェクトに関する諸問題に対する判断を下すことが主な役割となる。その中でも、プロジェクトの立ち上げとプロジェクトのステークホルダーとの交渉が「プロジェクトマネージャー」としての重要な役割として挙げることができる。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プロジェクト‐マネージャー(project manager)

業務上のプロジェクトの計画・管理・遂行に関する責任者。計画の立案から人材・資金・資材の調達、日程・進捗の管理、運営実績の評価・分析を行い、プロジェクトの円滑な進行についての責任を負う。プロマネ。PM。
情報処理に関する国家資格の一。独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施するプロジェクトマネージャ試験に合格し、情報システム開発プロジェクトの責任者としての能力をもつと認められた者。プロマネPM

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android